本文へスキップ

JOLTS求人労働異動調査とは

JOLTS求人労働異動調査とは


JOLTS求人労働異動調査とは

  • JOLTS(Job Openings and Labor Turnover Survey)求人労働異動調査とは、米国の労働省が毎月発表する主要産業区分別の労働需要動向を示した経済指標です。本指標は、求人、採用、離職の統計をとるために開発された指標で、米国の労働力不足に関する労働需要を示すものです。労働供給の動向を示す失業率を補完する指標で、労働需要と労働供給や労働市場の労働力不足を把握するために用いられます。

    本指標は、工場、事務所、店舗などの民間非農業事業所全て、また連邦政府や州政府などの自治体やプエルトリコ、バージン諸島の事業所から無作為に抽出した16,000事業所を調査対象とし、調査票(JOLTSレポート)によって事業所の求人や労働異動を調査したものです(回答は任意)。産業別に求人率、求人数、採用率、採用数、離職率、離職数、自発的退職率、自発的退職数、レイオフ解雇数、レイオフ解雇率、その他離職率、その他離職数を集計しています。





JOLTS求人労働異動調査は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース