本文へスキップ

米国失業率

米国失業率


米国失業率

  • 米国失業率とは、失業者数を労働人口で割った数値のことです。米国失業率は、16歳以上の男女を対象に米国労働省が毎月公表しています。米雇用統計と並んで、米国の主要の雇用統計の指標です。
  • 失業率(%)=失業者数/労働人口×100



米国失業率の目安と見方

米国の失業率は、5%台であれば通常の水準で、概ね4%から5%であれば完全雇用状態とされています。米国の雇用情勢は米国の金融政策の動向を左右しますので、米雇用統計とともに失業率の増減を見る必要があります。

米国の雇用情勢がよければ失業率は下がりやすく、雇用情勢が悪ければ失業率は上がりやすくなります。ただ、この相関関係が崩れる場合があります。ストライ キなどで一時的に雇用が減少して、失業率が低下することもあります。米雇用統計はストライキの影響もカウントする統計となっていますので注意して見る必要 があります。また、米国が完全雇用状態の場合は、米雇用統計が鈍化していても失業率が低下しやすくなりますし、労働参加率の低下によって失業率が低下する こともあります。





雇用系の指標は遅行指標

雇用系の指標は景気に遅行する指標です。企業は消費が伸びていない状況の時は生産を増やしませんので雇用が増えることはありません。消費が伸びて生産を増やす状況になってから雇用を増やしますので、雇用系の指標は景気に遅行します。




米国の失業率の推移

米国の失業率のこれまでの推移は、、姉妹サイト「株式マーケットデータ」の「失業率(米国)」のページで確認できます。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース