本文へスキップ

消費者信頼感指数(CCI)とは

消費者信頼感指数(CCI)とは


消費者信頼感指数(CCI)とは

  • 消費者信頼感指数(CCI:Consumer Confidence Index)とは、米国の消費者の景況感を示した指数のことです。米国の民間経済研究所が1985年の調査結果を100として毎月発表しています。



消費者信頼感指数の特徴

消費者信頼感指数は、平均的な消費者(約5000世帯)に対してアンケート調査を行って、消費者の景況感を指数化したものですので、個人消費の動向を把握するために使われる経済指標です。消費者信頼感指数は米国GDPの関連性が高く、米国の株式債券の先行指標として使われることが多い指標です。個人の消費の動向というのはGDPの2/3を占めますので、歴史的にもGDPの先行指標となっていますし、米国債との関連性が高いことから注目度は高い経済指標です。ただし、消費者信頼感指数は米国の規模に比べれば調査対象が「5000世帯」と、比較的少ない規模のアンケート調査の結果なので、米国のGDPと相関性が崩れることもありますし、アンケート調査には時間がかかりますので先行指標より遅行指標として見られることもありますので注意が必要です。



消費者信頼感指数は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース