本文へスキップ

IBD/TIPP景気楽観指数とは

IBD/TIPP景気楽観指数とは


IBD/TIPP景気楽観指数とは

  • IBD/TIPP景気楽観指数とは、米国の消費者信頼感と楽観性を消費者調査に基づいて測定した経済指標のことです。IBD(Investors Business Daily)とTIPP(TechnoMetrica Institute of Policy and Politics)が発表しており、米国の個人消費の動向を予測する指数として扱われます。ただし、本指数は調査対象が約900人の消費者ですので注目度が低い指標です。



IBD/TIPP景気楽観指数の見方

IBD/TIPP景気楽観指数は、50を分岐点とした指数で、

50を上回った場合
消費者は経済活動に楽観的であることを示し、景気拡大・通貨高要因
50を下回った場合
消費者は経済活動に悲観的であることを示し、景気後退・通貨安要因


IBD/TIPP景気楽観指数は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース