本文へスキップ

中古住宅販売件数とは

中古住宅販売件数とは


中古住宅販売件数とは

  • 中古住宅販売件数(Existing Home Sales)とは、米国の一戸建中古住宅の動向を示す経済指標のことです。本指標は、米不動産業者協会(NAR:National Association of Realtors)が毎月発表しています。



中古住宅販売件数の見方

米国のGDPの7割は個人消費で占められており、個人消費で大きな割合を占めているのが住宅です。米国では住宅市況が良好であれば景気は持続的に改善するとの見方から、中古住宅の販売件数を示す本指標は注目度の高い指標となっています。米国の住宅販売は90%以上が中古住宅となっています。新築住宅の10倍程度の規模となっていますので、中古住宅は米国の住宅販売の市況を大きく左右することから、より注目度の高い指標となっています。住宅は大きな買い物であるため、その動向は景気の動向と密接に関係することから、株式市場や為替市場、債券市場の相場に影響しやすい経済指標です。

中古住宅販売件数は、2005年の米国住宅バブル時は、年率換算で700万件程度、住宅低迷期で450万件程度が記録されています。





中古住宅販売件数は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース