本文へスキップ

毎月勤労統計調査とは

毎月勤労統計調査とは


毎月勤労統計調査とは

  • 毎月勤労統計調査(まいつききんろうとうけいちょうさ)とは、厚生労働省が賃金、労働時間及び雇用の変動を明らかにすることを目的に実施する調査のことです。常用労働者5人以上の事業所を対象に毎月実施する全国調査および都道府県別に実施する地方調査のほか、常用労働者1〜4人の事業所を対象に年1回7月分について特別調査を実施しています。調査する事業所は、一定の精度を保つ標本数を確保しつつ、無作為に事業所を選ぶ方法を採っており、調査対象事業所については一定期間をおいて見直しが行われます。



毎月勤労統計調査の見方

毎月勤労統計調査は、経済指標の一つとして、日本の景気や都道府県の政策の指針とされるほか、雇用保険や労災保険の給付額を改定する際の資料として見られています。また、民間企業等における給与改正や人件費の算定、人事院勧告の資料としても重要視されています。さらに、日本の労働事情を表す資料として海外にも紹介されており、その重要性は高いとされています。毎月勤労統計調査は、厚生労働省HPで確認することができます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース