本文へスキップ

資金循環統計とは

資金循環統計とは


資金循環統計とは

  • 資金循環統計とは、日本銀行が四半期ごとに公表している、日本の金融機関や家計、政府などが保有している金融資産負債の残高のことです。1954年分から作成されており、統計の公表は、当該四半期の約3ヶ月後に速報、約6ヶ月後に確報が公表されます。また、原則として年1回、計数の遡及改定が実施されています。



資金循環統計の特徴

資産循環統計は、日本の金融機関や家計、政府などの金融資産・負債の推移などを、預金や貸出といった金融商品毎に記録した統計ですので有用性が高い統計ですが、他の金融統計とは異なる特有の考え方や取引項目・部門分類を採っている場合があります。このため、利用する場合はそうした資金循環統計の特徴点を正確に理解する必要があります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース