本文へスキップ

日銀短観(企業短期経済観測調査)とは

日銀短観(企業短期経済観測調査)とは


日銀短観とは

  • 日銀短観(企業短期経済観測調査)とは、日本銀行が四半期ごとに公表する3,6,9,12月に行う大企業や中小企業への業況調査(アンケート調査)のことです。



日銀短観の特徴

日銀短観の「(企業の好況感比率)ー(好況を感じていない比率)」で算出される企業DIは、景気判断を示す指標として注目度が高く、調査票の回収率がほぼ100%に近いため、企業経営者の最新の判断が反映されるとして重要視されます。指標としての重要度は非常に高いです。特に「大企業製造業のDI」は、日本企業の景況感の現実的な数値であるとして最も注目されます。また、在庫や設備投資額や、日本株は為替相場にも影響を受けやすいことから、「想定為替レート」も注目ます。




中小企業の業況と資金繰り

中小企業の業況は、大企業の業況より遅く上がりますので、中小企業の業況が上昇していれば日本経済が上昇していることを示します。また、中小企業の資金繰りは通常マイナスで出る項目です。ここが大きく上昇していたり、大きなプラスで出ていれば日本がバブルになっている可能性があります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース