本文へスキップ

米国個人所得

米国個人所得


個人所得とは

  • 個人所得とは、給与や賃貸収入、利子、配当金等の合計から、社会保険料を控除した後の米国の個人が実際に受け取った金額を集計した指標です。本指標は、米国の商務省が毎月月末に公表しています。



個人所得の見方

所得の増減は消費に影響します。所得が増えれば自動車や住宅が買われやすくなりますし、モノが売れれば雇用情勢もよくなりやすいです。個人所得の増減は米国のGDPの7割を占める個人消費に影響することから、本指標は米国のGDPの先行指標として見られることが多いです。個人所得がよければ米国は景気がよくドル買い要因、悪ければ米国は景気が悪くドル売り要因となります。本指標は、同時に発表される個人消費支出(PCE)と合わせて見られることが多い経済指標です。





個人所得は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース