本文へスキップ

労働生産性指数とは

労働生産性指数とは


労働生産性指数とは

  • 労働生産性指数とは、米国の労働者が一定時間内にモノ・サービスをどれだけ生み出したかを示す「労働生産性」を指数化した経済指標です。米労働省が四半期毎の月上旬に発表しており、速報値は2・5・8・11月、改定値は3・6・9・12月に発表されます。



労働生産性指数の見方

労働生産性指数 上昇
長期的な経済成長力の押上げ要因。伸び率が高ければ労働者の賃金上昇につながり、消費が増える要因となります。労働生産性の伸びは、経済成長や潜在成長を上昇させるために必要不可欠なものですので、技術革新や新商品の開発によって新たな需要を生み出して生産性を高めることが経済にとって重要であるとされています。

労働生産性指数は、モノやサービスの産出量が増加すれば上昇要因となります。
労働生産性指数 低下
長期的な経済成長力の押下げ要因。消費が減少する要因となります。

労働生産性指数は、労働者の数や労働時間が増加すれば低下要因となります。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース