本文へスキップ

ADP雇用統計とは

ADP雇用統計とは


ADP雇用統計とは

  • ADP雇用統計とは、米国の人事関連業務代行会社であるADP社(Automatic Data Processing)が、毎月調査・公表するADP社の50万社程度の顧客の給与計算データをもとに、雇用者数の動向を示した雇用調査レポートのことです。



ADP雇用統計の特徴

ADP雇用統計は、調査対象の顧客情報数の多さや算出方法が米雇用統計に近いため注目度が高く、米雇用統計の2営業日前が公表日でもあるため、米雇用統計の先行指標のような使われ方をすることが多い指標です。ADP雇用統計は、長期的な平均値では米雇用統計と連動する傾向のある指標ですが、短期的にはズレが出やすい指標ですので注意が必要です。ADP雇用統計は、数カ月の平均値を見て米国の雇用情勢を見るのが一般的な見方です。





ADP雇用統計は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース