本文へスキップ

企業業績の見方

企業業績の見方


業績の変化率

企業業績と株価の関係」のページで、企業の業績が株価の変動要因となることを解説しました。では実際、企業の業績はどのようにして見ればいいのでしょうか。企業の業績は決算書で見ることができます。決算書には「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」の3種類で構成されるものなのですが、これらの決算書をただ眺めるだけでは企業業績を分析することはできません。決算書で最も注意して見ておかなければならないのは、

「業績の変化率」です。

「変化率」というのがポイントとなります。

例えば、ある企業の前々回の決算で利益が1億円出ていたとします。そして、前回の決算では利益が1.2億円に増えていたとしたら、前々回と前回の企業の利益の変化率は「+20%」ということになります。

次に、今回の決算では利益が1.3億円に増えていたとします。利益が1.2億円→1.3億円に増えているので良さそうな決算なのですが、利益の変化率を見れば「約+8%」です。季節要因などを考えなければ、前々回の決算と前回の決算の利益の変化率は「+20%」だったので、利益の伸び率は下がっていると見れます。

こういった場合、株価は往々にして下がります。利益の数字が伸びていても利益の変化率(伸び率)が下がっているので、業績の鈍化が懸念され投資家はこの企業の株式を手放したくなりますので売り圧力が増えて株価は下落しやすくなるのです。基本的に企業の業績はこのように「変化率」で見ます。




アナリスト予想

また、もう一つ、企業業績を見る上で注意して見なければならないことがあります。それは、

事前のアナリスト予想と比べてどうか

ということです。

  • アナリストとは、「分析をする人」です。証券の分野には「証券アナリスト」と呼ばれる人がいて、企業の財務内容などを調査・分析して、その投資価値などを判断しています。

企業の業績はアナリストが事前に決算の数字を予想しています。投資家はそのアナリスト予想を参考に投資を行っていることが多いので、決算発表があった時、決算の数字と事前に予想されていた「アナリスト予想」の数字を見比べて企業業績を判断する必要があります。もし、実際に出た決算の数字がアナリスト予想の数字に届いていなければ株価下落要因、アナリスト予想の数字を上回っていれば株価上昇要因、同じような数字であれば出尽くしで株価下落要因となるのが一般的です。




企業の来期予想

決算発表の時には、合わせて

企業の来期の業績予想

も注意して見ておきましょう。株価は将来の業績を織り込んでいくものなので、今期の業績に比べて来期の業績が良くなりそうなら株価上昇要因、悪くなりそうなら株価下落要因となります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース