本文へスキップ

信用売り(空売り)とは

信用売り(空売り)とは


信用売り(空売り)とは

  • 信用売りとは、信用取引を利用して証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れて、証券会社から株式を借り、それを株式市場で売って返済期日までに買戻すことです。信用売りは「空売り」とも呼ばれます。
  • 信用取引(margin trading・transaction)とは、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れ、資金や株式を借りて売買する取引のことです。
  • 信用取引では、通常、委託保証金の3倍程度の株式を売買することができます。



信用売りは「売り」から入れる

信用売りは、対象の株価が値下がりすれば利益が出る信用取引の特徴的な売買方法です。通常、株式の現物取引では、株価が安い時に買って、高くなった所で売れば利益が出ますが、信用売りはその逆で、株価が高い所で売って、安くなった所で買い戻せば利益が出ます。「売り」から入れるのが信用売りの特徴です。

信用売りの仕組みはこうです。
そもそも「売りから入れる」ということは、株式を持っていなければ売ることはできません。ですので、信用売りの場合は、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れて、証券会社から株式を借りるのです。

例えば、Aさんが担保(委託保証金)として30万円を証券会社に差し入れて、時価(その時の株価)が100万円の株式を借りて、売りから入る信用売りをしたとします。この時、Aさんは100万円得て、株式は売ってしまったので株式を持ってない状態です。しかし、そもそも証券会社から株式を借りていたので、それは返さなければなりません。

その後、その株価が値下がりして80万円になったとします。そこでAさんは証券会社に株式を返すために、その株式を80万円で買います。そうすれば、最初に売りから入って得た100万円と株式を80万円で買い戻した差額の20万円がAさんの利益となります(コスト除く)。これが株価が値下がりすれば利益が出る信用売りの仕組みです。逆に、株価が値上がりすれば信用売りは損失が出ます。




信用売り(空売り)のコストと期日

信用売りをする場合、委託手数料と消費税、貸株料、諸経費がコストとしてかかります。信用売りは、まず株式を借りなければなりませんので貸株料がかかります。また、株式は決められた日までに返さなければなりません。信用取引はこれを「期日」といって、返済(決済)する期限がある取引となります。信用売りの期日は、制度信用取引の場合は、信用売りを行った日から6カ月となります。また、信用売りの場合は、建玉を保有している間に逆日歩がかかる場合がありますので注意が必要です。




信用売り(空売り)のリスク

信用取引は保証金額の3倍程度までの取引ができるため、手持ちの資金以上に運用することができますが、それだけリスクを伴う取引です。さらに、信用売り(空売り)はもっとリスクがあると言えます。信用売りは損失が無限大になることがあります。例えば、信用買いの場合は株価が0円になった所が損失の限界ですが、 信用売りの場合は株価が上がれば損失が膨らむので損失が無限大となることも考えられるのです(株価の上昇に制限はないため)。よって、初心者の方は信用取引はしないようにして下さい。
信用取引は、資金に余裕がある熟練した投資家向けの取引です。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース