本文へスキップ

株価指数と個別銘柄の関係

株価指数と個別銘柄の関係


株価指数とは

  • 株価指数(Stock market index)とは、株式市場全体の相場の動きを表すために、複数の銘柄の株価をある一定の計算方法で総合し指数化したものです。日本では代表的な株価指数に「日経平均株価」や「TOPIX」などがあります。



日経平均株価の特徴

日経平均株価は、東証一部の代表的な225の銘柄の株価を指数化したものですが、株式数などでウェイト付けしていない単純平均株価であるため、225の銘柄のうち株価が高い「値がさ株」の動きによって変動しやすい面があります。






TOPIXの特徴

TOPIXとは、「東証株価指数」と呼ばれるもので、東京証券取引所一部の全銘柄を対象とした株価指数のことです。TOPIXは、東証一部の全銘柄を時価総額でウェイト付けして指数化したものですので、株式市場の全体の動向を見るのに適しています。また、時価総額でウェイト付けして指数化したものですので、時価総額の大きい株「大型株」の動向に左右されやすい面があります。




株価指数と個別銘柄の関係

当ページでは、日本の株価指数の代表である日経平均株価とTOPIXを例にとって、株価指数と個別銘柄の関係を解説します。

上記の日経平均株価とTOPIXの解説からわかるように、日経平均株価は値がさ株の動向に左右されやすく、TOPIXは大型株の動向に左右されやすい面があります。ゆえに、日経平均株価が強い相場の時は値がさ株中心の投資、TOPIXが強い相場の時は大型株中心の投資をすることが有効となってきます。

個別銘柄の相場というのは、大きくはその個別銘柄特有の要因で株価が動くか、業種特有の要因で動くか、市場全体の要因で動くかの3つに分けられます。個別銘柄特有の要因で動いている場合は、市場全体の要因に関係なく個別銘柄の材料によって動きますし、業種特有の要因で動いている場合は、業種全体の動きに沿う形で動きやすいです。そういった個別銘柄特有の要因がない、業種特有の要因もない、といった場合は市場全体の動きに沿う形で個別銘柄の株価は動きやすくなります。市場全体の動きとは、要するに「日経平均株価」や「TOPIX」の動きのことです。日経平均株価やTOPIXの動きに沿う形で株価は動きやすくなるのです。ゆえに、自分が投資している個別銘柄に特有の材料がない場合は、日経平均株価やTOPIXの動向を見て相場を分析するのが有効となります。

市場全体(日経平均株価やTOPIX)がネガティブなムードになっている時は、個別銘柄もその影響を受けることとなります。株はリスク資産ですので、市場全体がリスクを回避する動きになっている場合は、個別銘柄もリスク回避の動きは出てきます。逆に、市場全体が楽観的なムードとなっていて上昇している時は、個別銘柄にも資金が回ってきて(資金が回ってくるのが遅い場合もある)、個別銘柄も上昇しやすくなります。ですので、個別銘柄に投資する場合は個別銘柄特有の材料だけ注目するのではなく、業種全体の動きや市場全体の動きも見ながら投資する必要があるのです。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース