本文へスキップ

貸借取引(たいしゃくとりひき)とは

貸借取引(たいしゃくとりひき)とは


貸借取引(たいしゃくとりひき)とは

  • 貸借取引(たいしゃくとりひき:loan transaction)とは、信用取引の決済に必要な有価証券もしくは金銭を証券会社が証券金融会社から借りる際に行われる取引のことです。



買入れ代金や受渡し株券が不足すると行われる

株式の信用取引は、証券会社が証券取引所で取引に参加している投資家に買入れ代金や売渡しの株券を貸付けて行われます。通常は、信用取引の買入れ代金や売渡しの株券を証券会社が十分に持っていれば、この貸借取引は行われませんが、信用取引をする投資家が増えてそれが不足してくると、証券会社は証券金融会社からそれを借りることになります。その際に行われる取引を「貸借取引」といいます。この際、証券会社は証券金融会社に一定の担保金を支払うことになります(貸借担保金)。










姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース