本文へスキップ

株式分割は株主に有利?

株式分割は株主に有利?


株式分割とは

  • 株式分割(stock split)とは、それまでに発行されている株式を一定の割合で分割することです。現在の1株を複数の株式に分けること、ともいえます。株式を分割すると株価はその分割比率によって下がります。


例えば、1株1000円の株式を100株持っていたとします。企業がその株式を1対2で株式分割を行えば、分割された後、その株式は200株になります。ただし、株価はその分割比率によって修正されますので、分割された後その株式の株価は500円となります。要するに、それまで株価1000円×100株=10万円だった株式が分割された後は株価500円×200株=10万円となるわけです。

なんだ?結局、株式分割前も株式分割後も総額の10万円は変わらないのか・・・と思われるかもしれませんが、株式分割には株主にとって、以下のようなメリットがあります。






株式分割による株価への影響

株式分割が行われると株価が下がるので、それまでその株式を買いたいな、と思っていた人が買いやすくなって株価上昇の要因となります。上記の例ですと、それまで100株買うのに10万円必要だった株式が、株式分割後は100株買うのに5万円出せば買えるようになったので、5万円だったら買いたいな、と思う投資家が増えやすくなり、その株式が買われやすくなるのです。買いたい投資家が増えれば株価は上昇しますので、株式分割は株価上昇の要因となるのです。また、単純に株式分割されて保有している株数が増えると、配当金も増えることとなる(配当に変更がなければ)ので、株式分割は増配の効果もあるのです。さらに、株式分割を行えば、発行済み株式数が増えるので流動性(取引量による売買のしやすさ)が高まることになり、投資家はより買いやすくなって人気化する可能性が出てきます。

※注意
ただし、こういったことは株式市場に参加する投資家はみんな知っています。株式分割があれば投資家が好感することを投資家は知っているのです。ゆえに、株式分割の発表があった時は株価は急騰しやすくなるのですが、急騰した所が売りのいいポイントとされて、株価は下落することも多々あります。ただし、長い目で見れば株式分割は株価上昇の要因になります。




分割比率とは

分割比率とは、株式分割前と株式分割後の株数の比率のことです。例えば、分割比率が1対5の株式分割の場合、株式分割後、株式数は5倍になります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース