本文へスキップ

上場企業・非上場企業とは

上場企業・非上場企業とは


上場企業・非上場企業とは

  • 上場企業とは、株式証券取引所上場している企業のことです。それに対して、上場していない企業を非上場企業といいます。


現在、株式を証券取引所に上場している企業は約3500社あります。それらの企業はすべて証券取引所の審査に合格し、証券取引所で株式を売買することが認められて、一般に誰でもその企業の株式を売買できるようにしています。上場企業の約3500社という数は、全株式会社の1%未満の数ですので、上場企業より非上場企業の数の方が圧倒的に多いです。




上場企業と非上場企業のメリットとデメリット

メリット デメリット
上場企業 上場企業のメリットは、一般の投資家から事業の資金を調達できることです。その資金は利子がつきませんし返済する必要もないので財政を悪化させなくて済みます。 上場企業のデメリットは、特定の投資家に株式を買い占められて経営権が奪われてしまう危険性があるということです。
非上場企業 非上場企業のメリットは、自社の株式が一般の投資家に売買されていないので、特定の投資家に買い占められるという心配がなく、経営が安定しやすい(非上場企業の株式は、役員や社員、関連会社が保有していることが多い)ということです。 非上場企業のデメリットは、一般の投資家から資金が調達できないので、銀行などから資金を調達することになります。その資金はいずれ返済する必要がありますし、金利も支払わなければなりません。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース