本文へスキップ

信用取引とは

信用取引とは


信用取引とは

  • 信用取引(margin trading・transaction)とは、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れ、資金や株式を借りて売買する取引のことです。信用取引は、証券会社が顧客(投資家)に信用を供与して行う取引です。



信用取引の例

例えば、ある株式を信用取引を利用して買う場合、顧客(投資家)は、その株式の時価の30/100程度の金銭、またはそれに相当する有価証券を委託保証金ととして差し入れて、その株式を買う代金を借りて売買することになります。これが信用買いです。信用取引では、通常、委託保証金の3倍程度の株式を売買することができます。ただし、もし自分の予想とは逆に株価が動いてしまい委託保証金以上の損失が出てしまった場合、保証金の追加として「追証」が証券会社から求められます。少ない資金で大きな取引をするのが信用取引ですので、リスクはその分大きくなります。ゆえに、信用取引は投資初心者の方は利用しないようにしましょう。また、上級者の方も十分なリスク管理が必要な取引です。






信用取引の特長

  • 委託保証金が必要。
  • 取引を「売り」から始められる(信用売り(空売り))。
  • 信用取引には、制度信用取引一般信用取引がある。
  • 信用取引の返済は反対売買を行って返済するか、品受けor品渡しを行って返済する。
  • 株主優待は受けられず、議決権もない。配当金は企業から受けるのではなく、配当金相当額が「配当落調整金」として受取れる。買い方であれば、配当落調整金を受取れますが、売り方であれば、配当落ち調整金を支払わなければなりません。よって、信用取引の売り方は、権利付最終日をまたがないよう注意が必要です。
  • 追証が発生することがある。
  • 逆日歩がかかる場合がある。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース