本文へスキップ

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは


逆日歩(ぎゃくひぶ)とは

  • 逆日歩(ぎゃくひぶ)とは、信用取引売建てが多くなって株式が不足した場合、不足した株式を調達する際に発生する費用のことです。逆日歩は「品貸料」とも呼ばれます。
    信用取引において売建てが多くなって株式が不足すると、証券会社は証券金融会社から株式を調達します。ですが、その証券金融会社でも株式が不足してしまった場合、証券金融会社は外部から株式を調達することになります。この際に発生する調達費用が「逆日歩」です。
  • 信用取引(margin trading・transaction)とは、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れ、資金や株式を借りて売買する取引のことです。



逆日歩銘柄

信用売り(空売り)をした銘柄に逆日歩がついたら、売り方(信用売りをした者)は逆日歩を支払わなければなりません(この場合、売り方は全員が逆日歩を負担しなければなりません)。逆に、買い方は逆日歩を受取ることが出来ます(逆日歩は、制度信用取引のみにかかり、一般信用取引にはかかりません)。逆日歩は、1日ごと1株単位でかかります。

発行済株式数の少ない銘柄や浮動株数が少ない銘柄は、株式が不足しやすいため逆日歩がつく可能性が高いです。逆日歩がつくと、売り方は負担が大きくなるため逃げやすくなり、売建玉を返済するために買いを入れやすくなります。その場合、株価が反発しやすくなります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース