本文へスキップ

売却益(キャピタルゲイン)とは

売却益(キャピタルゲイン)とは


キャピタルゲインとは

  • 株式の売却益(キャピタルゲイン:Capital gains)とは、株式の譲渡や売買で得られる利益のことです。買った株式の株価が値上がりすれば得られる利益、とも言えます。


例えば、株価が1000円の株式を100株買って(株価1000円×100株=10万円)、その後1200円まで値上がりした時に100株売った(株価1200円×100株=12万円)とすると、利益は2万円ということになります。これが売却益(キャピタルゲイン)です。

株式投資ではこの他に、「インカムゲイン」といわれる配当金株主優待も得ることができます(配当金や株主優待を出していない株式の場合は得られません)。インカムゲインは「保有益」ともいわれます。


株式投資では、売却益(キャピタルゲイン)を狙うのが一般的です。というのも、株式投資はリスク性の高い投資です。株式は「リスク資産」ともいわれますので、それだけ値動きが激しいことが多いハイリスク・ハイリターンの金融商品と言えます。ゆえに、インカムゲインである配当金や株主優待などを狙って投資しても、それで得られる利益は微々たるもので、もし株価が買ったときの価格より値下がりしてしまったらインカムゲインでは補いきれませんので、キャピタルゲインに主眼を置いて投資するのが一般的となります。



株式投資では「キャピタルゲインを狙って投資した→キャピタルゲインが得られた→それにインカムゲインがついてきた」というような投資が好ましいです。株式投資ではあくまでキャピタルゲインを狙い、インカムゲインは付属品、といった感覚が一般的です。

また、株式投資では、株価が買った時の価格より値下がりすることもあります。買ったときの価格より安い価格で売却すると「売却損」が出ることになります。株式の世界ではこの売却損を、

キャピタルロス


と言います。株式投資では100戦100勝で勝てることはまずありません。ゆえに、負けている場合の対処法は常に考えておく必要があります。株式投資では、このキャピタルロスをいかに小さく収めるか課題となります。自分の思惑と相場が逆の方向に進んでしまい、これから相場が上がる見込みがない・・・といったときは、自分が買った株式に含み損が出ていても、キャピタルロスが拡大する前に売ってしまうのが投資では得策です。キャピタルロスが出てしまっても、早く損失を確定しておいてキャピタルロスを小さくおさえておけば、相場が底を打った時に買い出動できますので、早めの損切りは株式投資では鉄則となります。株式投資では、相場を確実に読むことはできませんので、損切りをいかにうまくできるかが投資の成績に大きく関わってきます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース