本文へスキップ

制度信用取引とは

制度信用取引とは


制度信用取引とは

  • 制度信用取引とは、証券取引所の規定の基準を満たした銘柄のみの信用取引のことです。規定の基準が厳しいため、対象となっている銘柄への信頼性があります。ただし、反対売買をして返済しなければならない期日は6ヶ月以内と決められています。
  • 信用取引(margin trading・transaction)とは、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れ、資金や株式を借りて売買する取引のことです。



制度信用取引の特徴

制度信用取引は、一般信用取引と対比されることが多いので、一般信用取引の特徴もおさえておきましょう。

返済期限
6カ月(最終返済日は、6か月目の応当日の前営業日)
手数料
証券会社によって異なるが、制度信用取引より一般信用取引を安くしていることが多い
金利
一般信用取引より安いことが多い。
信用買い
証券取引所が定めた銘柄(信用銘柄)を信用買いできる。
信用売りの有無
証券取引所が定めた銘柄(貸借銘柄)を信用売り(空売り)できる。






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース