本文へスキップ

単元未満株は取引できる?ー証券会社の選び方ー

単元未満株は取引できる?


証券会社の選び方

  • 株式投資初心者の方が証券会社で口座を開設する際に、見るべきポイントを紹介していきます(当サイトではネット証券に絞って紹介します)。


手数料とサービスの違い
トレードツールの比較
株式投資でMacは不利?

の次は、単元未満株の取引ができるかどうかもチェックしておくことをオススメします。




単元未満株とは

単元未満株とは、銘柄ごとに決められている最低売買単位である1単元株に満たない株式のことを言います。と、少しややこしい言い方ですが、例を上げるとわかりやすいので例を使って解説します。

例えば、ある銘柄の株価が2000円だったとします。その株を買おうと思ったら、通常100株単位で買わなければならない、といったことが決まっているのです。要するにこの場合ですと、2000円×100株で最低でも20万円の資金と手数料が必要となるのです。銘柄によっては、1000株単位で買わなければならないこともありますので、株式投資は結構お金が必要となるのです。

ただ、株初心者の方がいきなり何十万円も投資に使うのは抵抗があると思いますし、はじめのうちから大きな投資をするのは相当危険です。株で成功する人の割合が一般的には2〜3%程度とされていますので、初心者の方がその2〜3%の中に入れる、とまず思わない方がいいでしょう。それだけ狭き門ですので、初心者の間は大きな投資は避けた方が賢明です。

そこで、初心者のうちは「単元未満株」で取引の練習をすることをオススメします。単元未満株とは、上記の説明の通り、1単元株に満たない株式のことです。要するに、上記の例ですと100株単位で買わなければならないところを、単元未満株はそれ以下の株数で買うことができるのです。例えば100株単位で買わなければならない銘柄でも10株だけ買う、といったことができるのです。5株でもいいし、3株だけでも買うことができるのです。単元未満株で買えば、投資する資金が少なくて済むので、損失が出てしまってもそこまでイタイ損失とはならないです。

ただし、単元未満株は取引にかなりの制限があることが普通です。朝、株式市場が始まってから始めについた値段で売ったり買ったりしなければならなかったり、買いの注文や売りの注文は何時までに入れとかなければならない、といった制限がつきます。また、通常に比べて手数料がかなり割高となる点や、通常株主に与えられる議決権がない、といったこともあります。さらに、単元未満株を扱っている証券会社も限られる、といったこともありますので、かなりやりにくい投資となってしまって、損失覚悟が前提となるかと思いますが、株初心者の方は、単元未満株で取引をしてみて、株式投資とはどういったものかを体感するのにはいいのではないかと思います。
株の世界で成功する人の割合が2〜3%程度とされていますので、むしろ制限の多い単元未満株を取引してみて利益を出せないようであればそこで株式投資はやめてしまう、といった選択もいいかと思いますし、逆に、制限の多い単元未満株で利益を出せたのであれば、今度は100株単位で通常の取引をはじめてみる、といったステップアップの選択もできるかと思います。ですので、まずは単元未満株を取引してみて、株式投資というものを少額で実際に体感してみるのはいい選択ではないかと思います。


ちなみに「単元未満株」は、SBI証券では「S株」、マネックス証券では「ワン株」、カブドットコム証券では「プチ株」というように、内容は同じでも各社呼び名が違ったり、サービスの違いがありますので、各社のHPでその内容を確認して検討されるのがよいと思います。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース