本文へスキップ

委託保証金とは

委託保証金とは


委託保証金とは

  • 委託保証金とは、信用取引を行う際に証券会社に差し入れる担保金のことです。
  • 信用取引(margin trading・transaction)とは、証券会社に一定の担保(金銭ないし有価証券)を差し入れ、資金や株式を借りて売買する取引のことです。


委託保証金は、最低限なくてはならない保証金の額(最低委託保証金)が法律で30万円と決められています。ゆえに、最低でも30万円なければ信用取引は行えません(証券会社によっては最低委託保証金が30万円より高い場合があるので注意が必要です)。信用取引は、建玉の30%相当の保証金を必要としますので、例えば、最低委託保証金額である30万円をもとに信用取引を行おうとすれば、100万円まで買建てが上限ということになります。

信用取引の保証金は、金銭(現金)だけでなく、証券会社によっては株式や投資信託で代用できることもあります。保有している株式や投資信託を担保とすれば、株式の場合は、その80%分が保証金として代用でき、投資信託の場合も、その80%が保証金として代用できます。ただし、投資信託の場合は一般型のもののみ代用できることが多いです。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース