本文へスキップ

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは


逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは

  • 逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは、指定した設定条件(トリガー条件)より株価が高くなったら買い、安くなったら売り、の注文が自動的に発注される注文です。



逆指値注文のメリット

逆指値注文は、例えば100円で買った株を90円になったら損切りしてリスクを回避したい、または株価が110円以上になったら、その後さらに上昇しそうだから110円になったら買い注文を入れたい場合などに有効な注文方法です。株価が突然急落した場合への備えや、日中に相場が見れなくて損失を限定したい場合に活用される注文方法です。設定条件に株価が達した場合に自動的に発注される注文方法ですので、設定条件に株価が達しなかった場合は発注されません。逆指値注文は利用する証券会社によって設定条件等は多少異なりますが、概ね「株数・自動的に発注する株価の設定、有効期間」等を設定して注文を出すことになります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース