本文へスキップ

海外の市場と株価の関係

海外の市場と株価の関係


海外の市場と株価の関係

株価は海外市場の要因によっても変動します。日本は世界でも屈指の経済大国のため世界経済のシステムの影響を受けやすいです。というのは一般的な見解ですが、日本株が海外市場の影響を受けやすい最も大きな要因は日本株の外国人保有比率が高いことにあります。時々によって変動はしますが、東証一部の銘柄の外国人保有率は60%以上あります。ゆえに、外国人投資家の動きによって日本株は大きな影響を受けるのです。




外国人投資家による売買に大きく影響を受ける日本株

日経平均株価が上昇する場面というのは、外国人投資家による買い出動が要因となることが多いです。逆に日経平均株価が下落する場面では、外国人投資家による売り向かいによることが多いです。外国人投資家は、多くは米国や欧州勢で、概ね米国株が好調な時に日本株を買いにくることが多く、逆に米国株が不調な時は日本株も売りにくることが多いです。自国の経済が良ければリスクオンの状態となって日本株も買いやすくなり、自国の経済が悪くなればリスクオフの状態となって、現金化したいがため日本株も売りやすくなると考えられます。また、米国は世界一の経済大国であるため、米国の経済の動向によって世界の投資家のリスクオン、リスクオフの姿勢が決まってくる面も要因となります。






ナスダックと連動しやすい日経平均株価

日本株は、「世界景気敏感株」と言われるほど世界経済の影響を受けやすい株です。特に世界の景気の先行指標とされるNY株式市場の動向に影響を受けることが多いです。中でも日経平均株価はナスダックと連動しやすいとされています。日本独自の要因で日本株が動いていない場合は、概ねナスダック(もしくはNYダウ)の影響を受けやすいです。

ただし、日経平均株価とNY株式市場の動きはデカップリング(連動しない)することもあります。それは日本独自の好材料や悪材料が出た場合です。その場合は日本株はNY株式市場とは別の動き方をしやすくなります。が、日本株が米国株を無視して動くことは合理的ではないので、いずれカップリング(連動する)しやすくなるでしょう。

外国人投資家は、経済や企業業績の変化に素早く目を付けて投資します。ですので、外国人投資家が日本株をどう思うかを考えていけば相場の転換を見分けやすくなるでしょう。また、外国人投資家は日経平均株価を「ドル建ての日経平均株価」で見るので、そちらを見て外国人投資家の動きを察するのが得策でしょう。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース