本文へスキップ

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法


ドルコスト平均法とは

  • ドルコスト平均法(dollar cost averaging | constant dollar plan)とは、一定額を定期的に証券に投資して資産を蓄積する方法のことです。ドルコスト平均法は、価格が低い時はより多くの株式を買うことができ、価格が高い時はより少ない株式を買うことになるので、一定量を定期的に買うよりも全体の原価が低くなるのが特徴です。



ドルコスト平均法の例

例えば、「毎月10万円ずつ買い付ける」というのがドルコスト平均法です。一方、「毎月10株ずつ買い付ける」というのはドルコスト平均法ではありません。ドルコスト平均法は、「一定額」で買い付ける点に特徴がある投資法で、「一定量」で買い付けるより平均の取得単価が下がるのが特徴です。

ただし、ドルコスト平均法の難点は、相場が一方通行に動いている場合、は逆に効率が悪くなってしまうことです。価格が下落し続けている場合は損失が膨らみ続けますし、価格が上場し続けている場合は取得単価が高くなっていき、儲かりにくくなってしまうので注意が必要です。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース