本文へスキップ

キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー計算書の見方


キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、3種類ある決算書のうちの一つで、決算期館内のキャッシュ(現金や預金、短期の手形、小切手、コマーシャル・ペーパー(CP)など、いつでも現金として扱えるもの)の増減を示した決算書です。企業の事業活動における具体的なキャッシュの流れが把握できる決算書で、経営がうまくいっているかどうかチェックできる決算書です。

キャッシュフロー計算書は大きく3つの項目に分類されます。キャッシュフロー計算書を見る際は以下の3つのキャッシュフローを個々に見るのがポイントとなります(以下のキャッシュフローの合計数字は会社四季報にも記載されます)。


※個別のキャッシュフローの解説は各リンク先を参照ください。




キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー計算書以外の決算書でも、「現金」に関する科目はありますので企業がどれだけ現金を持っているのかはわかります。しかし、キャッシュフロー計算書以外の決算書の「現金」の科目は入金以前でも売上が記載できたり、入金以前でも利益が記載できますので、実際にお金が入ってきているかどうかはわかりません。実際にお金が入ってきていなくても数字上は業績と見せれるのです。

一方、キャッシュフロー計算書では、現金やすぐに現金化できるキャッシュの増減を示した決算書ですので、具体的なキャッシュの流れがわかるのです(個別のキャッシュフローの解説や見方については上記のリンク先を参照してください)。

企業は取引先との商品などの引き渡しを行う際、キャッシュの授受を行うことはあまりありませんのでキャッシュがなくても商売はできるのですが、従業員の給料や仕入代金を支払う際はキャッシュが必要になりますのでキャッシュの流れは見ておく必要があります。

また、企業の倒産リスクを見る際にもキャッシュフローを見て判断するのが基本となります。例えば、当期の利益が黒字でもキャッシュフローで赤字が続いていたら企業は倒産してしまうからです。というのも、企業の経営では過剰な投資や過剰な生産で在庫が積み上がっていても、損益計算書にはすぐ表れないのです。
通常、個人がモノを買えばすぐに現金が減りますので家計簿にすぐ表れてきますが、企業が設備などを買ってもそれは費用として損益計算書にすぐ表れてこないので企業の会計の実態が見えないのです。
そこで重要になるのが、キャッシュフローの増減です。特にフリーキャッシュフローの増減は企業の倒産リスクをはかる際にチェックしておくことが大切なキャッシュフローですので、次ページで解説します。




キャッシュフロー計算書の表

 1、営業活動によるキャッシュフロー
   税引前当期純利益
   減価償却費
   減損損失
   有価証券評価損
   貸倒引当金の増加額
   売上債権の増加額
   棚卸資産の増加額
   仕入債務の増加額
   支払債務の増加額
   受取利息及び受取配当金
   支払利息
     小計
   利息及び配当の受取額
   利息の支払額
   その他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 営業活動によるキャッシュフロー


2、投資活動によるキャッシュフロー
   有形固定資産などの取得による支出
   有形固定資産などの売却による収入
   投資有価証券の取得による支出
   投資有価証券の売却による収入
   その他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 投資活動によるキャッシュフロー


3、財務活動によるキャッシュフロー
   短期借入金の返済による支出
   長期借入金の返済による支出
   社債の発行による入金額
   配当金の支払額
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 財務活動によるキャッシュフロー


4、現金及び現金同等物の減少額
5、現金及び現金同等物の期首残高
6、現金及び現金同等物の期末残高







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース