本文へスキップ

会社四季報とは

会社四季報とは


会社四季報とは

  • 会社四季報とは、東洋経済社が年4回(3・6・9・12月)発行する全上場企業の基本情報や業績などをコンパクトにまとめたハンドブックです。会社四季報には、上場企業の所在地や特色、事業内容をはじめ財務データやこれまでの株価の動きなど、株式投資に必要な情報が掲載されているため、1936年の創刊から長きにわたり投資家に愛用され続けています。読者のほとんどが株式投資のために会社四季報利用するので、誌面内は投資家の利便性を考えた構成となっています。このため会社四季報は「投資家のバイブル」と呼ばれることがあります。また、会社四季報は投資家だけでなく、ビジネスシーンにおいても取引先の経営状況を調べる際に利用されたり、就職活動の際のデータ集めの資料としても利用されます。



会社四季報の特徴

会社四季報の情報は、東洋経済社の記者やデータ担当者が企業取材を元に集めたデータで構成されています。このため、会社四季報に載っている業績の「予想数字」は、東洋経済社の編集部が企業取材を元に独自に予想したもので、企業が発表する業績の予想数字とは異なる場合があるのが特徴です。

企業にはそれぞれクセがあり、自社の業績の予想を控えめに出してくる企業や過大に出してくる企業があります。東洋経済社はそんな各企業の業績予想のクセを、公平な立場で総合的に判断して独自の業績の予想数字を導き出します。会社四季報にはその業績の予想数字が載るため、会社四季報の業績の予想数字は客観的で現実的な数字と解釈でき、それが会社四季報の特徴となっています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース