本文へスキップ

ROEとは

ROEとは


ROEとは

ROE(Return On Equity)とは、株主資本利益率(または自己資本利益率)と呼ばれる株価指標で、当期純利益株主資本で割って(または、EPS(1株当たり利益)BPS(1株当たり純資産)で割って)計算する株価指標です。

  • ROE(%)=(当期純利益/株主資本(自己資本))×100
  • ROE(%)=EPS(1株当たり利益/EPS(1株当たり総資産)



ROEで何がわかる?

ROEは、株主が投資した資本である「株主資本」を使って、どれだけ効率よく利益を上げたかがわかります。企業は利益の中から配当を出すので、企業の収益力や配当能力もわかります。ROEの数値は高ければ株主の資本を有効に使っていることを示し、低ければ株主の資本を有効に使っていないことを示します。






ROEを見る際の注意点

ROEは、当期純利益を元に計算されていますので、特別利益特別損失があれば当期だけ高くなったり、当期だけ低くなったりするので注意が必要です。また、借入金の増加で相対的に株主資本が小さくなるとROEは高くなりますし、利益の積み重ねが多くなって株主資本が増加すればROEは低下します。




ROEの基準

ROEは、一般的には15~20%が良いとされています。そして毎年安定して20%確保している企業は優良企業と判断されます。


となります。ROEは外国人投資家の注目度も高い株価指標ですので、株式投資をする際は必ずチェックしておきたい指標です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース