本文へスキップ

総資産回転率とは

総資産回転率とは


総資産回転率とは

総資産回転率とは、年間の売上高総資産で割って算出される比率です。

  • 総資産回転率=年間売上高/総資産


総資産は、売上高や従業員数とともに企業の規模を示す指標となり、総資産の規模が大きい企業は誰しもが知る大企業であることが多いのですが、総資産は大きければいいというものではなく、資産を使ってどれだけ売上や利益を伸ばせているかが大切となるのです。それを大まかに示すのが「総資産回転率」となります。




総資産回転率の見方

総資産回転率は、その数値が大きいほど資産を効率的に回転させて売り上げを伸ばせているということになります。よって、この数字が大きいほど株価にとっては上昇要因となります。

総資産をいかに効率的に回転できているかで、その企業の経営状態が把握できますし、総資産回転率が良ければその企業の株式への人気にもつながるので、株式投資をする上では十分注意して見ておく必要があります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース