本文へスキップ

ROAとは

ROAとは


ROAとは

ROA(Return On Assets)とは、「総資産利益率」「総資本利益率」と呼ばれる株価指標で、当期純利益総資産で割って計算します。

  • ROA(%)=(当期純利益/総資産)×100



ROAで何がわかる?

ROAは、総資産に対して何%の利益を上げているかを示す指標で、事業の効率性と収益力を示しています。過剰設備などで資産が増えていればROAは低くなります。






ROAとROEの違い

ROAは総資産をもとにした収益力を示しているのに対して、ROE株主資本(自己資本)をもとにした収益力を示しています。ROAは、総資産(株主資本(自己資本)と負債を含む)に対する収益力ですので、負債も含めてどれだけ効率的に利益を獲得しているか、どれだけ経営を効率的に行っているかがわかります。




ROAの基準

ROAは、10以上あれば高収益と判断されます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース