本文へスキップ

海外売上比率とは

海外売上比率とは


海外売上比率とは

  • 海外売上比率とは、海外への輸出やその企業の現地の子会社が生産・販売した売上の合計が、全体の売上の何%を占めているかの比率のことです。この数値が高いほど、その企業は海外での売上が多いということを示し、数値が低いほど海外での売上が少ないことを示します。


海外での売上が多い企業は、為替の影響を受けやすくなります。為替の変動によって売上が大きく伸びることもありますし、大きく減少することもあります。

海外売上比率が高い企業は、円安が業績のメリットとなりやすく、円高が業績のデメリットとなりやすいです。また、そういった企業の株式は、為替が円安に進めば業績が伸びることが予想され買われやすくなり、円高に進めば業績が下がることが予想され売られやすくなります。

海外での売上がほとんどない企業の業績は、為替の影響を受けにくい面があります。国内での生産・販売がほとんどということですので、国内の景気や経済情勢に影響を受けやすいと見ることができます。ただし、海外売上比率が低い企業でも、原材料などを海外から輸入している場合は、コストの面で為替の影響を受けます。為替が円安になれば輸入コストが上がりますので、業績にはデメリットとなり、円高になれば輸入コストが下がりますので、業績にはメリットとなります。




[海外]欄の末尾の数字

会社四季報の[海外]の末尾には日付が記載されていますが、これはデータがいつの時点のものかを示しています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース