本文へスキップ

連結決算とは(単独決算との違い)

連結決算とは(単独決算との違い)


連結決算と単独決算の違い

上場企業は子会社を含むグループで活動を行っているケースが多く、決算も親会社だけの決算と子会社を含むグループ全体の決算が発表されます。親会社だけの決算を「単独決算」、グループ全体の決算を「連結決算」といいます。細かく言うと、20%以上の株式を保有する子会社を含む決算のことを「連結決算」といいます。




連結決算?単独決算?どちらを見ればいい?

親会社と子会社は共同体です。もし子会社が経営難に陥れば親会社がその後始末をすることになりますので、株式市場ではグループでの業績の推移が重視されます。そのため、企業の業績を見る際は「連結決算」を見て判断します。連結決算を重視する見方は、欧米ではほぼ定着しており、それがグローバルスタンダードとなっています。
日本の企業も米国基準の決算を採用する企業が増えてきていますので、世界の流れに追随してきてはいますが、親会社が子会社の保有株の比率を20%以下に落として、その子会社に親会社の損金を抱えさせるケースもありますので、日本全体で言えばまだグローバルスタンダードからはかけ離れた状況となっています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース