本文へスキップ

受渡適格銘柄とは

受渡適格銘柄とは


受渡適格銘柄とは


債券先物取引は、取引対象が標準物と呼ばれる架空の債券となるため、受渡しの決済は標準物に相当する現物の債券となります。長期の国債の先物取引では、残存期間が7年以上の10年物利付国債で、発行月が、受渡し決済月の3カ月前以前のものが受渡適格銘柄となります。




コンバージョン・ファクター(CF)を用いる

通常、受渡適格銘柄と標準物は、利率や残存期間が異なりますので、それを調整するためにコンバージョン・ファクター(CF)が用いられます。現物の価格から先物の価格にコンバージョン・ファクターを乗じた値を減ずることで、受渡し決済日までのコストなど控除前の価格差が計算されます。

コンバージョン・ファクターとは、、債券先物取引において、実際の国債を受渡して決済を行う際、受渡価格を標準物の約定価格とずれが生じないよう調整するために用いる変換係数のことで、東京証券取引所が各限月取引ごとに発表しています。





関連記事








※その他「債券」に関する記事は以下。




債券の基礎知識





債券





国債





金利




指標





入札





決済





適債基準





ポートフォリオ





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース