本文へスキップ

タームプレミアムとは(解説と水準・マイナスになる原因)

タームプレミアムとは


タームプレミアムとは

  • タームプレミアム(term premium)とは、「期間プレミアム」とも呼ばれる、期間のリスクに伴う上乗せ利回りのことです。

長期債(長期の債券)を保有する場合、長期債は期間が長いので保有のリスクが高くなります。この保有期間のリスクに伴う上乗せの利回り(リスクプレミアム)を、「タームプレミアム」といいます。

※リスクプレミアムとは、高いリスクをとることによって生じるプレミアム(報酬)のことです。

例えば、長期債と同じ期間だけ短期債を連続して購入するとします。この場合、長期債を保有している方が保有期間が長いため、価格の変動リスクや流動性リスク等のリスクが高くなります。短期債よりリスクが高い分だけ、利回りが高くなければ投資家は魅力を感じませんので、保有期間が長い分のリスクに伴って利回りが上乗せされます。これが「タームプレミアム」です。





長期金利の構成要素となるタームプレミアム

タームプレミアムは、長期金利の構成要素となります。投資家が、短期金利が将来どのようになるのかを予想した「予想短期金利」の平均とタームプレミアムが長期金利の構成要素とされています。




タームプレミアムの水準(マイナスになる原因)

タームプレミアムは、通常プラスになります。タームプレミアムは、保有期間のリスクに伴う上乗せの利回り(リスクプレミアム)ですので、リスクを取った分、利回りは高くなるのが普通です。ゆえに、通常プラスになります。

米国10年国債利回り(米10年債利回り)の場合、タームプレミアムは平均で+1%程度です(2006年には+3%程度になったこともあります)。

一方、タームプレミアムがマイナスになることもあります。
ECB(欧州中央銀行)マイナス金利政策導入や、欧州や日本の量的緩和政策(QE)によって、マネーが米国債に向かい、米国債の外国保有高が高まってタームプレミアムがマイナスとなりました。特に、ECBのマイナス金利政策導入の頃から、米国債の外国保有高が高まり、タームプレミアムを押し下げました。





動画で解説ーYouTube−






関連記事






※その他「債券」に関する記事は以下。




債券の基礎知識





債券





国債





金利




指標





入札





決済





適債基準





ポートフォリオ





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース