本文へスキップ

JPX日経インデックス400

JPX日経インデックス400


JPX日経インデックス400とは

  • JPX日経インデックス400(JPX-Nikkei Index 400)とは、日本取引所グループが2014年1月6日から算出・公表を開始した東証に上場している銘柄(東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQ)の中から、ROE(自己資本利益率)を基準に、投資者にとって投資魅力の高い銘柄を400社選別し、それを構成銘柄とした株価指数のことです。略称は「JPX日経400(JPX-Nikkei 400」。起算日・基準値は、2013年8月30日・10,000ポイント。



JPX日経インデックス400の特徴

JPX日経インデックス400の構成銘柄は、ROEを基準にスクリーニングされているため、経営が危うい企業が入っていないことが特徴です。構成銘柄は優良株ですので、株価が底堅く推移する可能性が高いと考えられており、ROEが高い銘柄は外国人投資家にも好まれる株価指数とされています。JPX日経インデックス400は、日経平均株価TOPIXとは違い、2014年1月6日から公表が始まったまだ若い株価指数ですので、今後その動向が注目されてます。





JPX日経インデックス400の銘柄入替

JPX日経インデックス400は、毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表して、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替が実施されます。




JPX日経インデックス400の選定基準

スクリーニング
@以下に該当する銘柄は選定対象外
  • 上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
  • 過去3期いずれかの期で債務超過
  • 過去3期すべての期で営業赤字
  • 過去3期すべての期で最終赤字
  • 整理銘柄等に該当

A上記を除く全対象銘柄の中から、以下の2項目を勘案し、上位1000銘柄を選定
  • 直近3年間の売買代金
  • 選定基準日時点における時価総額
スコアリング
スクリーニングにより選定した1000銘柄に対して、以下の各3項目にかかる順位に応じたスコアを付与する(1位:1000点〜1000位:1点)。その後、各3項目のウェイトを加味した合計点によって総合スコア付けを行う(ROEと営業利益はスコア付けに際しての取扱いあり)。
  • 3年平均ROE:40%
  • 3年累積営業利益:40%
  • 選定基準日時点における時価総額:20%
定性的な要素による加点
スコアリングのスコア付けの後、以下の3項目を勘案してスコアの加点を行う。この加点は、スコアリングに対する補完的な位置づけです。スコアリングの総合スコアのみによって選定を行った場合との差異が最大でも10銘柄程度となるような加点規模です。
構成銘柄の決定
定性的な要素による加点の後、スコアが高い順に400銘柄を選定し、構成銘柄とする。
バッファルール
前年度採用銘柄に優先採用ルールを設ける。前年度採用銘柄については、スコアが440位以内であれば、継続採用されます。




JPX日経インデックス400のこれまでの推移は、当サイトの姉妹サイトである「株式マーケットデータ」で確認できます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース