本文へスキップ

みなし額面の調整(日経平均株価)

みなし額面の調整(日経平均株価)


みなし額面の調整(日経平均株価)

みなし額面の調整とは、日経平均株価の算出の際に用いられる額面の調整のことです。

  • 日経平均株価=東証一部上場225銘柄の株価の合計/除数


日経平均株価等の単純平均株価型の指標は、対象銘柄の株価合計を銘柄数で割って求める単純な平均株価であるため、計算が容易である反面、増資減資株式分割や併合、権利落ちなどがあれば、市況の変化がなくても株価水準が変わってしまうデメリットがあります。ゆえに時間的な連続性はほぼ期待できない指標となります。そのため、日経平均株価など時間的な連続性が必要な指標の場合は「修正平均株価」が用いられます。修正の方法には還元式とダウ式の2種類があり、日本の修正平均株価はダウ式を採用しています。これは平均株価の連続性を保つ「除数」を修正する方法となります。

日経平均株価は、東証一部上場の銘柄の中から日本を代表する銘柄として選ばれた225銘柄の株価を足し合わせ、225で割って算出されますが、単純に225で割るのではなく、”みなし額面の調整”と”除数の修正”が行われて算出されています。

2001年10月の商法改正で廃止されるまで株式には額面がありました。額面とは、証券の基準となる価格のことです。例えば額面が50円の場合、投資家は1株50円で株式を取得したことを示していたのです。額面金額(額面に最低取引単位を加味した金額)は、20円、50円、500円、50,000円の4種類がありました。

日経平均株価を算出する場合、これら額面の違う株式を単純に合わせて計算してしまうと、日経平均株価は額面の大きい株価の影響を受けやすくなってしまいます。よって、これを避けるために調整が行われます。額面を50円に統一してしまい、額面が500円の株式の場合は1/10に調整されて算出されます。例えば、額面が500円で株価が700円の株式の場合、700円の1/10は70円ですので、その株式は70円として日経平均株価の算出にあてられることになります。これがみなし額面の調整です。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース