本文へスキップ

日経平均株価

日経平均株価


日経平均株価とは

  • 日経平均株価とは、東京証券取引所一部(東証一部)に上場している代表的な225の銘柄(日本経済新聞社が制定)の株価を指数化したもので、「TOPIX」と並んで日本を代表する株価指数です。日経平均株価は日本の株式市場の動向を判断する材料として広く使われており、投資信託などのベンチマークとしても使われています。



日経平均株価の見方

日経平均株価は、東証一部の代表的な225の銘柄の株価を指数化したものですが、株式数などでウェイト付けしていない単純平均株価であるため、225の銘柄のうち株価が高い「値がさ株」の動きによって変動しやすい面があります。全体として強い相場ではない時も、値がさ株が強い時は日経平均株価は強い動きをしやすくなりますし、全体として弱い相場ではない時も、値がさ株が弱い時は日経平均株価も弱い動きをしやすくなります。ゆえに株式市場の全体の動向を判断する材料としては、日経平均株価より東証一部の全銘柄を時価総額でウェイト付けして指数化した「TOPIX」の方が適していると言えます。

ただし、日本の株式市場の全体の動向を見る際、一般的に見られるのはTOPIXより日経平均株価の方が多いです。TOPIXは「○○ポイント」と表されるのに対し、日経平均株価は「○○円」で表されるので、わかりやすい面がありますし、ニュースなどでも日経平均株価が強調して取り上げられるため、認知度の観点からも日本の株式市場の動向を見る際は、日経平均株価が見られることが多いです。





日経平均株価の特徴

日経平均株価は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」との相関関係が強いとされています(特に「米ドル/円」)。また、米国株の影響もうけやすいことから、NYの株式市場の動向に左右されやすい面があります。特にナスダックとの相関関係は意識されやすい傾向がありますので、日経平均株価の動向を見る際は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」、ナスダックの動向も合わせて見ておきましょう。

また、日本株は「世界景気敏感株」と言われるほど、世界の経済の影響を受けやすい市場ですので、NYダウの動向も合わせて見ておくべきですし、欧州各国の株式市場の動向や、中国の「上海総合指数」の動向も合わせて見ておきましょう。




日経平均株価のこれまでの推移は、当サイトの姉妹サイトである「株式マーケットデータ」で確認できます。





世界の株式市場や為替、国債、金利、商品市場のリアルタイムの動きは、



↑のページで確認できます(PCのみ)。





関連記事






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース