本文へスキップ

JPX日経中小型株指数(JPX日経中小型)

JPX日経中小型株指数(JPX日経中小型)


JPX日経中小型株指数(JPX日経中小型)とは

  • JPX日経中小型株指数(JPX Nikkei Mid and Small Cap Index)とは、2017年3月13日から東京証券取引所(東証)と日本経済新聞社が算出・公表を開始する、東証一部・二部マザーズジャスダックを主市場とする普通株式を母集団として、時価総額、売買代金、ROEなどをもとに選定した銘柄(原則200銘柄)を対象として浮動株調整時価総額加重方式で起算日2016年8月31日、基準値10000として算出される株価指数のことです。



選定基準

本指数の選定基準は、

  • 上場後3年未満(テクニカル上場除く)
  • 過去 3期いずれかの期で債務超過・3期すべての期で営業赤字(または最終赤字)
  • 整理銘柄などに該当



上記に該当する銘柄は選定対象とせず、基準日に時価総額上位20%以内となる大型銘柄も除外されます(ただし、基準日においてJPX日経中小型株指数算出対象銘柄は上位18%以内の銘柄のみ除外)。加えて、基準日から起算して直近1年間の売買代金合計が150億円以下の銘柄および基準日の時価総額が100億円以下の銘柄は除外されます(ただし、結果的に選定銘柄が500銘柄に達しない場合は、500銘柄を超えるまで売買代金および時価総額の基準を10億円ずつ引き下げられます)。

上記によって選定された銘柄を「3年平均ROEが70%」「3年累積営業利益が30%」で順位スコアを付与し比率を合算して総合スコアが算出されます。その後、以下の3項目を勘案してスコアの加点が行われます(加点は総合スコアのみによる選定の場合との差異が最大でも10銘柄程度になるよう設定される)。


  • 独立した社外取締役の選任2人以上
  • IFRS採用または採用の決定を公表
  • 決算情報英文資料のTDnetを通じた開示

この加点後、上位200銘柄を指数の構成銘柄とされます(ただし、定期入替では、基準日の指数算出対象銘柄のうち、スコア順位が250位より低い場合は除外し、採用されていない銘柄からスコアが高い順に200銘柄になるよう補充されます)。




定期入替

構成銘柄は、年一回、6月の最終営業日を選定基準日として8月最終営業日に銘柄が入れ替えられます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース