本文へスキップ

配当性向とは

配当性向とは


配当性向とは

配当性向(はいとうせいこう)とは、企業が当期純利益からどれだけ配当金を出しているかを示したもので、配当金支払額を当期純利益で割って算出されます。

  • 配当性向(%)=(配当金支払額/当期純利益)×100


配当性向は、1株配当と1株当期純利益で算出されることもあります。

  • 配当性向(%)=(1株配当/1株当期純利益)×100





配当性向の水準

配当性向は、一般的には20から30%であることが多いですが、80%や100%を超える企業もあります。配当性向が高い企業はそれだけ配当金をたくさん出してくれる企業ではありますが、配当性向が80%以上の企業は増配の見込みがほぼなく、また、自己資本がないのに配当金を過剰に出している場合もあるので注意が必要です。

一方、配当性向が20から30%の企業は利益と自己資本によっては増配の期待が持てますので、配当性向が低く、配当余力のある企業(銘柄)への投資は妙味があると言えます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース