本文へスキップ

香港証券取引所(SEHK)とは

香港証券取引所(SEHK)とは


香港証券取引所(SEHK)とは

  • 香港証券取引所(SEHK:The Stock Exchange of Hong Kong Limited)とは、香港の現物取引を扱っている証券取引所のことです。香港取引所(HKEx:Hong Kong Exchanges and Clearing Limited)の傘下で、香港取引所はこの他に、デリバティブ取引を取扱う「香港先物取引所(HKFE:Hong Kong Futures Exchange Limited」や、コモディティのデリバティブ取引を取扱う「ロンドン金属取引所(LME:London Metal Exchange)」を運営しています。また、2014年11月17日には、香港と上海証券取引所(SSE)間の相互接続「滬港通(上海・香港ストック・コネクト)」が開始し、海外の投資家は香港経由で中国市場に上場する株式の取引が可能となり、中国本土の投資家は香港市場に上場する株式の取引ができるようになりました。

    香港証券取引所は中国に返還される前から中国企業も上場しており、返還後も活発に取引が行われています。また、香港証券取引所には「メインボード(主板)」と「グロース・エンタープライズ・マーケット(創業板)」があり、多くの外国企業も上場しています。グロース・エンタープライズ・マーケットは、新興企業向けの市場です。

    また、香港証券取引所で売買される銘柄のうち、主要50銘柄を時価総額加重平均で算出した株価指数である「香港ハンセン指数(HSI)」や主要200銘柄で構成される「香港ハンセン総合指数(HSCI)」は香港株式市場の相場動向を表す代表的な指数となっています。




香港証券取引所(SEHK)の取引時間

  • プレオープニング・セッション:9時ー9痔30分(日本時間 10時ー10時30分)
  • 前場:9時30分ー12時(日本時間 10時30分ー13時)
  • 後場:13時ー16時(日本時間 14時ー17時)
  • クロージング・オークションセッション:16時ー16時10分(日本時間 17時ー17時10分)



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース