本文へスキップ

BPSとは

BPSとは


BPSとは

BPS(Book-value Per Share)とは、「1株当たり純資産」と呼ばれる株価指標で、1株当たりの企業の純資産はいくらかを表す指標です。BPSは純資産を発行済株式数で割って計算されます。

  • BPS=純資産/期末の発行済株式数



BPSの見方

BPSは、その数字が上がっていれば純資産が多いということを示し、資産が多く負債が少ないことを示します。よってBPSが高ければ安全性が高い企業と判断されます。逆に、BPSの数値が低ければ、純資産が少ないということを示し、資産が少なく負債が多いことを示します。よってBPSが低ければ安全性が低い企業と判断されます。
BPSは、純資産を発行済株式数で割って計算されるため、株主が持つ1株につき分配できる企業の純資産の数字です。企業が今解散すれば投資家に還元される数字と見られることから「1株当たりの企業の解散価値」と呼ばれることもあります。




BPSを見る際の注意点

BPSは、その数字が高いほど安全性が高いと判断されますが、気をつけなければならないのは、BPSは「純資産」で計算されているということです。純資産は過去の純資産である「実績」で計算されるため、純資産が減る要因が発生したり、株式分割などで発行済株式数が増えたりする場合はBPSが減ることになりますので注意が必要です。



日経平均株価のBPSの推移は、



↑姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース