本文へスキップ

DEレシオ(負債資本倍率)とは

DEレシオ(負債資本倍率)とは


DEレシオ(負債資本倍率)とは

DEレシオ(Debt Equity Ratio)とは、「負債資本倍率」と呼ばれる、負債自己資本で割って算出される企業の財務の健全性をはかるための指標です。大企業の社債の格付けを行う際に重視される指標です。

  • DEレシオ=負債(有利子負債のみの場合もある)/自己資本



DEレシオの見方

DEレシオは、負債がが自己資本の何倍あるかを示した指標で、1倍を基準値としています。

1倍以上
負債が自己資本より多い。財務は不健全。
1倍以下
負債が自己資本より少ない。財務は健全。

DEレシオは、その数値が低ければ低いほど良いです。数値が低ければさほど気にする必要はない指標ですが、DEレシオの数位が高い企業は、財務が悪いということですので気にされやすくなります。企業がDEレシオの数値を低下させるには、負債を減らすか利益を上げて自己資本を上げる必要があります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース