本文へスキップ

ダッチ方式とは

ダッチ方式とは


ダッチ方式とは

  • ダッチ方式(dutch auction)とは、債券の公募入札の方式の一つで、債券の発行や売買取引の際に価格(または利回り)で競争入札をする場合、落札者に有利な価格(または利回り)で統一される方式で、落札者は全て均一の条件で取引できるので、入札技術は反映されないのが特徴の方式です。ダッチ方式は流動性が低く、市場の利回り実勢が不透明な場合に、割高な価格で落札する事態を避けられる利点がある半面、入札結果が市場実勢と乖離し、落札後の債券価格変動が大きくなる場合があります。

    日本では1980年以降、ダッチ方式はなくなり、代わりにコンベンショナル方式が採用されるようになりました。






関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース