本文へスキップ

フェイルとは(債券)

フェイルとは(債券)


フェイルとは

  • フェイル(Fail)とは、債券の取引において売買契約が成立した後、決済予定日に債券を引き渡せない(受渡せない)ことです。



フェイルの影響

債券でフェイルが発生すると債券取引を手控える投資家が増える要因となりますが、一方で市場慣行として捉えられることも多く、フェルトが発生してもデフォルト(債務不履行)として扱わず、原則として契約の解除権の行使や遅延損害金等の授受を行わないこととしています。これを「フェイル慣行」と言います。日本では、2001年のRTGS(即時グロス決済)への移行に伴い「フェイル慣行」が新たに導入され、電子コマーシャル・ペーパー(CP)や一般債(社債や地方債など国債を除く公社債)についても導入されています。フェイルは債券取引が急増した時に起こりやすい現象で、日本と外国では慣行に違いもあります。外国人投資家は日本の投資家に比べてフェイルが発生することに抵抗はないとされています。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース