本文へスキップ

東京プロボンドマーケットとは

東京プロボンドマーケットとは


東京プロボンドマーケットとは

  • 東京プロボンドマーケット(TOKYO PRO-BOND Market)とは、2008年の金融商品取引法改正で導入された”プロ向け市場制度”に基づいて、2011年5月に設立されたプロの投資家(国内外の機関投資家など)向けの新しい債券発行市場のことです。



東京プロボンドマーケットの特徴

東京プロボンドマーケットは、国内外の発行体と投資家、証券会社など市場関係者の利便性を向上させ、アジアの中核としての日本の債券市場の発展を目的としており、国内外の企業・政府機関の債券が対象で、発行体の財務情報や起債予定額をあらかじめ登録することで発行時に必要な開示書類を簡素化して起債しやすい仕組みとなっています。投資家にとって必要な情報は日本取引所グループのウェブサイトを通じて簡便にアクセスでき、海外のMTNプログラムと同様に発行体の財務情報や当年の起債予定額を東京プロボンドマーケットに登録(プログラム上場)すると、その予定額の範囲内で随時債券を発行できる仕組みが導入されています。海外の発行体は英語のみの書類を開示でき、従来のサムライ債(サムライ・ボンド)発行に比べて利便性が高いとされています。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース