本文へスキップ

現先(現先取引)とは

現先(現先取引)とは


現先(現先取引)とは

  • 現先(げんさき/RP:Repurchase Agreement)とは、債券を一定期間後に一定価格で買戻す(または売戻す)ことを条件に売る(または買う)ことです。また、その取引のことを「現先取引」といいます。
  • 格付け機関(rating agency)とは、債券の元利払いの安全性や確実性を格付けして、投資情報として提供する機関のことです。



現先取引

現先取引は、買い手にとっては資金の短期運用、売り手にとっては一時的な資金の調達の際に行うことが多いです。1年未満の債券が多く、手掛けやすいことから戦後急速に広まった取引です。取引は、「自己現先」と「委託現先」があります。

自己現先とは
証券会社などが保有している債券を投資家に直接売買する現先。
委託現先とは
証券会社などが仲介して売買する現先。




現先レート

現先レートは、運用者によって違いがあり、コール手形レートの水準や期間、季節、ロット数などによって決まります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース