本文へスキップ

転換社債型新株予約権付社債とは

転換社債型新株予約権付社債とは


転換社債型新株予約権付社債とは

  • 転換社債型新株予約権付社債(CB:Convertible Bond 転換社債)とは、予め決められた価格で株式に転換できる社債のことです。2002年(平成14年)4月からの改正商法の施行により、従来の転換社債と従来のワラント債は債券種別が同一となり、法律上の名称は「新株予約権付社債」に統一されました。ただし、従来のワラント債と区別するために「転換社債型新株予約権付社債(転換社債)」という呼ばれることも多いです。



転換社債型新株予約権付社債の仕組み

転換社債型新株予約権付社債は、予め決められた価格(転換価格)まで株価が上がれば社債を株式に転換できる仕組みです。転換価格以上に株価が上がれば株式に転換して売却すればその分の利益が得られます。もし、転換価格まで株価が上がらず下落してしまったら、株式には転換せず社債のまま償還まで保有していれば社債としてのクーポン(利息)を得ることが出来ます。このように「株式に転換できる」というメリットが付いていることから、転換社債型新株予約権付社債は普通社債よりクーポンが低く設定されています。

転換社債型新株予約権付社債は、転換価格まで株価が上昇すれば株式に転換できることから、転換社債型新株予約権付社債が発行されれば株式市場は増資のような捉え方をします。転換価格まで株価が上昇すれば株式に転換され売られることから、その銘柄の株式にとっては売り圧力、さらには転換価格が上値メドとして捉えられやすいです。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース