本文へスキップ

分割発行制度とは

分割発行制度とは


分割発行制度とは




分割発行制度の特徴

分割発行制度は、開放担保(オープンエンド・モーゲージ)方式を利用するため、抵当権の設定を登記する際に、社債の総額を分割して発行すること、社債利率の最高限度を記載します。そして、社債の発行体は社債を発行するたびに発行額や利率、償還期限等を登記することになります。開放担保(オープンエンド・モーゲージ)方式では、担保権を設定すると信託契約を締結した日から5年以内は発行する度に担保権を設定する必要がなく、社債総額の範囲内で市況に合わせて担保付きの社債の発行が行えます。現在は多くの場合、この方式によって発行されています。社債に投資する側も、2回目以降の発行で担保権が劣後しないというメリットがあります。






関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース