本文へスキップ

オーバー・ドレッシングとは

オーバー・ドレッシングとは


オーバー・ドレッシングとは

  • オーバー・ドレッシング(over dressing)とは、債券の売買で約定単価を実勢価格より高い単価に調整して約定することです。約定単価を実勢価格より低い単価に調整することは「アンダー・ドレッシング」といいます。オーバー・ドレッシングは売りと買いを同時に約定する「入替商い」や複数銘柄を売買する際に行われます。 一般的に、金利が高い場合に売却益を膨らませたり売却損を圧縮するために実勢価格を調整して約定単価を決定します。ただし、健全性が損なわれるため、調整幅は実勢価格の2%の範囲内とされています。
  • ドレッシング(dressing)とは、約定単価を調整することです。



入替商い

入替商いの場合は、高く調整した売却単価分を買入れ単価に上乗せして調整します。




複数銘柄

複数銘柄の場合は、1銘柄の上乗せ価格を残りの銘柄の単価を引き下げて調整します。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース